モンテッソーリ教育には、「生活」「感覚」「言語」「数」「コスミック(文化)」という特徴的な5つの教育分野があります。3歳〜6歳の時期はこれらのことに非常に興味が高まり、容易に習得できる“敏感期”にあたります。

本物の生活道具が子どもサイズに整えられています。手を充分に使って楽しく生活しながら、体や指先を自分の思い通りに使えるようになっていきます。「一人でできる」という大きな自信が生まれ、自立心や独立心を育てます。

洗濯板でお洗濯 蝶結びの練習 モルモットのえさにする野菜を切る

子どもは五感(視・触・聴・嗅・味)など全身の感覚を使ってたくさんの発見や感動を経験し、内面に蓄えていきます。体全体で体験したことが感覚教具により分類・整理され、豊かな言葉の土台を築きます。

色板・色の濃淡を比べながら並べる カラー円柱を太さ順に積み上げる はめ込み円柱

心をこめて正しい言葉で繰り返し語りかけることで、借り物でない自分の言葉を使える子どもに育てます。さらに「話しことば」から「書きことば」への世界へ導き、言語による表現能力を高めます。

絵をみて書きことばをつづる 文字の世界への入り口 砂文字をなぞって腕の動きで覚える

数は日常生活において必要不可欠なものです。生活の中で様々な物を具体的に数えることから始まり、教具を使いながら抽象的な数の世界を理解していきます。

4桁の数の構成 数詞と数量の一致 足し算

日々の生活で育まれた自立心や達成感を礎に、子ども達の興味は次第に広い世界へと向かっていきます。地理学・生物学・物理学・歴史などの全体像を提供して、子ども達の視野を広げ、多角的なものの見方ができるように助けます。

地球儀からはじまる地理 写真を見て世界への興味を広げる 葉の観察




深草こどもの家
〒612-0817京都市伏見区深草向ヶ原町17番地 TEL.075-641-8410/FAX.075-642-8588

Copyright(C) 2007 Fukakusa Kodomonoie. All Rights Reserved.
HOME