■劇や料理などの行事も思い出深いが、絵を描いたり、はた織りをしたり、日々の生活がとても楽しかった。
■竹やぶや竹やぐらなど、外で友達と遊ぶのが好きだった。
■はた織りや刺繍など好きな遊びができて、毎日とても楽しかったです。
■自然も豊富で、建物や遊具などの雰囲気がとても良かったと思います。
■運動会、焼き芋、お泊り保育、料理。
■「これをしなさい」というのが無かったので、毎日好きなことをして遊んでいられて楽しかったです。特にウサギを籠に入れて持ち歩いたのは心に残っています。
■アートハウスでいろんな物を作ったこと。ハンモックで遊んだこと。竹やぐらで遊んだこと。

■何でも楽しみながら、自分から取り組むことができたと思う。
■運動するのが大好きで、活発だった。何事にも一所懸命に取り組んだ。
■部活、委員会、係などいろんな事に取り組んだ。
■特に困ったことはありませんでした。部活を頑張っていました。
■小学校入学当初は、一気に束縛されたようでしんどかったが、だんだん慣れてきた。

■先生に手伝ってもらう前にまず自分でどうしたらいいか考えて、工夫できた時。
■人に言われて何かするのでなく、自分で考えて行動しなければならない時など。
■周りにとらわれずに自分のしたいこと、学びたいことをすることができた。
■小学校に入ってすぐ、包丁を使うことができました。こどもの家で料理させてもらったのが役立ちました。
■料理、アートハウス、教室で活動したことが後から役に立った。
■縫いさしのお仕事など、針を使って集中できたのが役に立っている。

■自分に子どもができたら是非深草こどもの家に行かせたいと思える、とても大切な場所。
■初めて集団で生活し、今の自分の元となる様々なものを得ることができた場所。
■ふとした時に無性に帰りたくなる場所。「行く」よりも「帰る」という感じ。
■良い影響をたくさん与えてもらって、私の人生に欠かせない場所だったと思います。
■居心地の良い、思い出いっぱいの場所。
■自分の気持ちに正直に行動できた場所だった。

■深草こどもの家での毎日から得るものが必ずあると思います。めいいっぱい楽しんで下さい。
■私の大好きな深草こどもの家で、楽しい毎日を過ごして下さい。
■小さな時にできたあたりまえの事が、あたりまえにできる所です。
■とても幸せな時間を過ごせる場所だと思うので、毎日楽しく過ごして下さい。
■自分の気持ちに正直に行動できる場所だから、やりたい事をとことんやって下さい。





深草こどもの家
〒612-0817京都市伏見区深草向ヶ原町17番地 TEL.075-641-8410/FAX.075-642-8588

Copyright(C) 2007 Fukakusa Kodomonoie. All Rights Reserved.
HOME